サイトマップ
  • 記事検索

RSS

行田古代蓮の里

2017年07月28日
行田の古代蓮の里に、今年初めて行って来ました。
画像
もう終わりに近くがっかりしていていたら、しらさぎやトンボが舞い降りてきてくれました(^o^)。
画像画像画像
午後1時過ぎでしたが、午前中でしたら、まだ少し楽しめそうです。

興味のある方は、7月上旬~中旬の早朝がお勧めです^^。

(takapy1974さん動画)

◆There is a famous ancient lotus park in Gyoda-shi, Saitama.
◇埼玉縣行田市有著名的古蓮花公園。
◆Hemm famuż park antika tal-lottu f'Gyoda-shi, Saitama.

『真綿の愛』から『塩辛い思い出』

2017年07月26日
この作品は、2015年マルタ共和国で開催された『ジャパニーズ・アート』に出展した『真綿の愛』です。
画像
「心の花びら展+松坂」のワークショップで創作したモロヘイヤの葉と、紡績工場の倉庫だった会場のイメージの真綿で創作した現代アート的な作品です。また、マルタ共和国は、綿花の栽培が盛んであったこと、国旗に十字のマークをイメージして創作し意識のコラボを加えています。

本当は、この作品を元高校の教頭先生だった落合先生の「薬師地蔵」と共作の「咲玉観音」と一緒に、5月上旬『心の花びら展+栃木』の大田原の高校で展示しようと考えていました。雪に優しく包まれている自然の姿をイメージして。しかし、体調を崩し延期となり・・・
 画像 画像
しばらく間を置いて、実際訪問する際には、参加型アート「塩辛い思い出」や再生アート「福禄寿」ご縁を感じる「薬師地蔵」を、という意識に変化していました。
画像 
当初の予定通り『真綿の愛』を持参していたら、白い真綿は悲しい過去を思い出させてしまうことになったかもしれません。
参加型アートは、自然災害の悲しく塩辛い思い出を削り、愛を創り残していく・・・。
今を見つめ行動し、未来を創造して行くように感じました。

計画通りに遂行できず、一時は焦りや不安が生じましたが、作品達は一番良い時期に一番良い場所に運ばれるようになっているようです。

石と光と

2017年07月24日
以前、草津温泉のお土産屋さんで、偶然見つけた薬石。
お湯でゆでると、ミネラルウオーターができるということで、試してみました。
思いがけず、フライパンの中で、石と光の競演が始まりました。
ダンスしているような、会話しているような楽しい光景でした。

(YouTube Unsai動画より)
日本では、万物に魂が宿るとされています。
人との出逢いと同じように、自然や物との出逢いに感じる喜びがあります。
私が、風景の中で作品展示したいと考える理由のひとつです。

Japanese thinks there is the soul in all ones.
There is felt delight in nature and an encounter with a thing like an encounter with a person.
That's one of the reasons that I'd like to show a work exhibition in the landscape.

妙高・戸隠、アートにひかれて善光寺

2017年07月23日
妙高から戸隠を経て、善光寺。
画像 
妙高、戸隠は龍神伝説の地。
妙高では、龍神のイルミネーションがちょうど行われていました。
龍神は毘沙門天の化身ということで、戸隠神社の滝の前でも再生アート『毘沙門天』を展示させていただきました。(^_-)。
画像
「心の花びら展in倉敷」にて初展示。
材料、壊れたヘッドライト、皮の端切れ、ネクタイ、針金、傷んでしまったスカーフ、古い財布、破魔矢、クイックルワイパー、アクリル絵の具など。

画像画像

善光寺周辺では、昔話「牛にひかれて善光寺参り」にちなんで、再生アートの「天駆ける牛」。
「心の花びら展in函館」で初展示したものです。
材料は、壊れた椅子、いただいた古い着物、和紙、藁なわ、お菓子の緩衝材、古いバックなど。

(SpacefanTVさんより)


Myoukou Togakushi Zenkouji

生きる力を創造する

2017年07月16日
先日は、図書館で写真セラピーの本を借りてきました。
画像
行く先々でよく写真をいただいたり、見せていただいたりします。

今年のお正月は、同じ日に別の方から、直島の初日の出の写真をいただいたり、カメラのデータを見せていただいたりしました。

画像画像

写真は、右脳と左脳をバランスよく使うことができ、瞬間を切り取るので、すぐに多くの人と感動を共有することができます。また、体力がない人でも表現できます。

喜びを増幅したり、出来事の意味付けを再考することもできる・・・、写真は生きる力を創造する素晴らしいツールだと思います。

画像

次の5件 >>