• 記事検索

RSS
ブログ記事を読んでいただいた方からメッセージをいただきました。
『心の花びら展 in 大阪』で、お子さんとワークショップに来てくれた方でした。
あるブログで交流を持たせていただていましたが、大阪での作品展の際に初めてお目にかかりました。
IMG_4857[1]
画像は、作品展示に合間に落書きした絵です。かぼちゃを食べながら五感を使ったワークショップしたり、差し入れの「たこ焼き」を味わいながら、楽しいおしゃべりをしたり、大阪の生き物たちとも出逢うことができました。
IMG_4858[1]
懐かしい方からメッセージをいただき、楽しい思い出が甦ってみました。そして、新しいチャレンジのイメージも湧いてきました。ご縁に感謝です。
IMG_4319[1] 
お礼に、美味しいものの画像をシェアします。
IMG_4803[1] 
この画像は、川越の氷川神社で鯛みくじを釣り上げた後に、地元のスーパーで、びっくりするほど格安で売っているのを発見し、鯛飯にしたものです。
みんなで食べると、より一層美味しいですね。

今年、長くて白いまつ毛が、右目の瞼に続けて三本生えました。
抜いても抜いても、アッという間に白くて長い毛が生えてくる・・・?
母に聞いたら、私の離乳の際に、母の乳首に2本の白くて長い毛が生えたそう。
直島に行くことを決めたら、白いまつ毛が消えました。
白まつ毛
直島から帰ってしばらくすると、今度は、アトリエの庭に白い苔が生えました。
IMG_4704[1]
ニンニクには芽が出て、枇杷の実はたわわに実り鳥達がついばみ始めました。
IMG_4749[1] IMG_4806[1]
鳥達に収穫の合図を知らされ、枇杷の実を採りました。
植えてから数年。初めて実った枇杷の実は、小さいけれど甘くて美味しいものでした。
IMG_4721[1] IMG_4697[1]
そして、今年もカタバミや紫カタバミの花が咲き始めました。

広い世界に飛び出していくことを、植物達が促してくれているようです。

植物達の恵みに感謝して、工房に『真綿の愛』を飾りました。
IMG_4730[1]
真綿の愛は、マルタ共和国で開催された「ジャパンアート展2015」に出展した作品です。
『心の花びら展 in 松坂』のモロヘイヤのワークショップで地元の方たちと一緒に創作した葉っぱの平面アートを真綿や樹脂で優しく包んだ作品です。

思うように動けなかった時期には、自分ひとりの力がいかに微々たるものかを知りました。

今まで多くの人に助けていただいてきたことに感謝し、今度は色々な世界に恩返ししてゆきたいと思います。

瀬戸内国際芸術祭が開催されている、香川県の直島に行って来ました。
61244770_2487457001315472_5459564441567756288_n IMG_4655[1]
2年前のアートレジデンスでお世話になった、くらやさんのオーさんとの約束を果たしに。
IMG_0358[1] IMG_0853[1]
IMG_1102[1] IMG_0110[1] 
IMG_1060[1] IMG_1007[1]

くらやさんには、「怖いお面あるのだけれど、どういう意味かしら?」と質問されました。ちょうど、その直後に流木アートの落合先生から木彫りの大仏のお面をいただき、先生のギャラリーには観音様と鬼(般若?)の顔が裏表一体になっている木像が展示されていました。
『全ては表裏一体、陰陽合わせ持つ存在なのだ。』と、教えてくれているような気がしました。そこで、大仏のお面をお持ちする約束をしたのでした。再生アートの『招き猫』とともに黄金に着色した仏の面をお持ちすると、とても喜んでくださいました。
IMG_4504[1] IMG_4561[1] 
写真は、お茶目な、ギャラリーくらやのオーナーさん^^。
また、民宿&ギャラリーを営むくらやさんには、海外からのお客さんが複数いらしています。
IMG_4639[1] 
蔵の客室に、心を結ぶ帯の一本(ご縁の帯)を常設展示していただけることになりました。
こちらの部屋は、ギャラリーにもなっていて、訪れた時には、地元の方の素敵な写真を拝見することができました。
IMG_4532[1]
再生アートの『招き猫』は、玄関近くの猫ちゃん達が見える場所でお客さんをお迎えすることになりました。
ツツジの花を摘んで外に飾ろうとしたら、フランスのパリからのお客さんが、白い花を摘んで手渡してくれました。とても優しい玄関花になりました(o^^o)。
IMG_4631[1]

20525393_1074263209375475_5511116635506898509_n 
今年は、3年に一度の瀬戸内国際芸術祭です。
瀬戸内海に浮かぶ数々の島での国際的なアートの祭典です。
IMG_0557[1]
そこで、会期中に、「ネコと島暮らしプログラム」の際に『心の真珠展』でお世話になった「くらや」さんとの約束を果たしに伺うことしました。
 IMG_0727[1] IMG_0329[1]
IMG_0823[1] IMG_0826[1]
出逢った人に、お礼に5円を入れてた『ご縁玉』をお渡しすることがあります。今回は、直島訪問にあたり「心の花びら展 in 松坂」で出逢った元特攻隊員の方にいただいた、風船カズラ2世の種を『ご縁玉』の一部に入れることにしました。風船みたいな袋の中から、夫とせっせと種を取り出しました。

IMG_4396[2] IMG_4404[1]
ちなみに、通常5円玉を入れる理由は、言葉のゴロと、穴が開いていて和になっているからです。
紐でつなげることもでき、また、海外には穴の開いて硬貨が少ないそうなので喜ばれるかと^^。
上の画像にある再生アート「カボチャ」を持って小豆島に行った時、台湾の観光客の方に囲まれた際にも、ご縁玉は台湾と日本とのご縁を育んでくれました。
IMG_4415[1] IMG_4408[1]
種には、白いハート模様が付いています。
IMG_4409[1] IMG_4416[1]
一晩水につけておくと発芽しやすいそうです。 
IMG_4417[1]
発芽するかどうかわかりませんが、早速アトリエの庭にも蒔いてみました。

新しい風・・・

2019年05月14日
令和の時代に入り、半月近く経ちました。
IMG_4287[1] IMG_4293[1]  
私の中にも変化の意識が芽生えてきました。色々なものや想いを統合していく意識。

以前にもブログで書きましたが、『創作家というより、ひとりの人間「和縁人」としての活動する』いう思いが強くなってきました。

そこで、ブログやホームページの統合化や、今まで得た知識や技術活用した活動の再構築、必要な知識や技術の習得など始めています。

心の整理をしたい時、大宮の氷川神社にご挨拶に伺います。
今回は、氷川神社にお参り行った際、偶然に弓の儀式に遭遇しました。
IMG_4238[1]
本殿の神池には、水がなく池の掃除の最中でした。
IMG_4242[1]
帰りには、弓を持った方々が出陣するような風景を目にしました。
IMG_4243[1]
心の中のいらないゴミを整理して、しなやかな風のように、多くの方々と喜びを共有できるように行動していきたいと思います。

氷川神社には、ご縁があって、以前、川越の氷川神社に伺った際に、宮司さんが施設をぐるっと案内してくださった事がありました。「また、来てくださいね。」と言われたことを思い出しました。
また、宮城県の栗原で出逢いお世話になったCさんは「埼玉に行くなら、川越!」と言っていました。
そこで、所用を兼ねて伺ってみることにしました。
IMG_4341[1] 
IMG_4331[1] IMG_4326[1] 
IMG_4319[1] IMG_4304[1]
IMG_4297[1] IMG_4322[1]
IMG_4283[1] IMG_4310[1]

風鈴や風車が、境内を華やかにしていました。
そこには、新しい風が吹いていました。

前のページ
次のページ