*雲彩公式ホームページ*心の花びら http://unsai.grupo.jp/ Japanese Creater Unsai’s Offical Website ja *雲彩公式ホームページ*心の花びら http://unsai.grupo.jp/ 伝統と命育む・・・ http://unsai.grupo.jp/blog/2249993 先日、実家を訪れたら、子供達が自由研究で作った昔のおやつを出してくれました。くるみ味噌入りクレープやら、サツマイモ入りパンケーキ、卵たっぷりカステラなど。私も子供たちに触発されて・・・自宅に植えた鷹山うごきが成長したので、うごきご飯を作ってみました。山形県米沢の殿様だった『上杉鷹山公』が飢饉対策や防御のために、領民に植えることを推奨した『鷹山うごき』。挿し木で簡単に増え、今でも山形で、うごきは食文化に根付いているそうです。(o^^o)※参考情報『鷹山うこぎ』そして、今日は、キンカンの葉に、今年もアゲハチョウの幼虫が付いていました。昨年は、そのままにしたら、キンカンの葉っぱが全部無くなってしまいました。おまけに幼虫さんも行方不明に!(~_~;)今年は、キンカンの実を大きくして食べたいので、幼虫を別の場所に移すことにしました。最初は、ビールの入っていた透明の箱に入れましたが、脱走したいらしく、次は木箱へ。やっぱり落ち着かないようなので、黒く塗った木箱に再度移動しました。今度は、心地良さそうです。♪アゲハチョウの飼育方法 2018-08-03T13:44:00+09:00 先日、実家を訪れたら、子供達が自由研究で作った昔のおやつを出してくれました。くるみ味噌入りクレープやら、サツマイモ入りパンケーキ、卵たっぷりカステラなど。私も子供たちに触発されて・・・自宅に植えた鷹山うごきが成長したので、うごきご飯を作ってみました。山形県米沢の殿様だった『上杉鷹山公』が飢饉対策や防御のために、領民に植えることを推奨した『鷹山うごき』。挿し木で簡単に増え、今でも山形で、うごきは食文化に根付いているそうです。(o^^o)※参考情報『鷹山うこぎ』そして、今日は、キンカンの葉に、今年もアゲハチョウの幼虫が付いていました。昨年は、そのままにしたら、キンカンの葉っぱが全部無くなってしまいました。おまけに幼虫さんも行方不明に!(~_~;)今年は、キンカンの実を大きくして食べたいので、幼虫を別の場所に移すことにしました。最初は、ビールの入っていた透明の箱に入れましたが、脱走したいらしく、次は木箱へ。やっぱり落ち着かないようなので、黒く塗った木箱に再度移動しました。今度は、心地良さそうです。♪アゲハチョウの飼育方法 涼を感じる再生アート http://unsai.grupo.jp/blog/2233753 暑中お見舞い申し上げます。暑い日が続くので、傷んできた再生アートの花器をリニューアルして、庭に咲いていた花と和紙、ピンクのロウを水に浮かべてみました。再生アートの花器は、赤から青紫に変身。縁は黒に。和紙の花びらは、最初、半分沈み半分浮いていましたが、時間とともに沈んでいきました。再生してピンクになったロウの花びらは浮きました。ちまみに、器は、昔台所で使われていたアルミ鍋のような物で銀色でした。水分補給しながら、素敵な夏をお過ごしくださいね。(o^^o)ちなみに、コーヒー、烏龍茶、緑茶などのカフェインが多いものは脱水症になりやすいので、水や麦茶などを多くとると良いようです。 2018-07-19T10:36:00+09:00 暑中お見舞い申し上げます。暑い日が続くので、傷んできた再生アートの花器をリニューアルして、庭に咲いていた花と和紙、ピンクのロウを水に浮かべてみました。再生アートの花器は、赤から青紫に変身。縁は黒に。和紙の花びらは、最初、半分沈み半分浮いていましたが、時間とともに沈んでいきました。再生してピンクになったロウの花びらは浮きました。ちまみに、器は、昔台所で使われていたアルミ鍋のような物で銀色でした。水分補給しながら、素敵な夏をお過ごしくださいね。(o^^o)ちなみに、コーヒー、烏龍茶、緑茶などのカフェインが多いものは脱水症になりやすいので、水や麦茶などを多くとると良いようです。 苔むす庭 http://unsai.grupo.jp/blog/2207716 庭の苔が増えて来たので、苔を移植することにしました。この苔は、実家の母からもらったものと、ホームセンターで買ったものとで、お茶椀2つ分くらいでしたが、今ではあちこちの地面を覆ってくれています。お隣さんや、ご縁のあった方にも差し上げて・・・。緑、広がっています。 2018-06-27T17:42:00+09:00 庭の苔が増えて来たので、苔を移植することにしました。この苔は、実家の母からもらったものと、ホームセンターで買ったものとで、お茶椀2つ分くらいでしたが、今ではあちこちの地面を覆ってくれています。お隣さんや、ご縁のあった方にも差し上げて・・・。緑、広がっています。 「生老病死」と活動再開 http://unsai.grupo.jp/blog/2203249 様々な出来事がありました。義父の介護サポートと死、家族の体調不調、大きな病気をした義母や親類縁者のサポート・・・。そして、生きる苦しみとされる「生老病死」について、深く考えさせられました。「幸せって、何だろう?」自己重要感?自己肯定感と存在的価値観の意義深さ自分も人もジャッジしない無条件の愛和縁、心のつながりを感じる幸せ分かち合う喜び亡義父の四十九日法要からひと月経って、ようやく創作活動を再開する決心がつきました。最近は、叔母からお手玉の作り方を教えてもらい、作ってみました。義母には畳縁のカードケースのアイデアを教えたところ、義母はそれを作って人にプレゼントすることを楽しんでくれているようです。教えたり、教えてもらったり、作ったり、作ってもらったり、発見や喜びのキャッチボールは、幸せを感じさせてくれます。 2018-06-23T11:24:00+09:00 様々な出来事がありました。義父の介護サポートと死、家族の体調不調、大きな病気をした義母や親類縁者のサポート・・・。そして、生きる苦しみとされる「生老病死」について、深く考えさせられました。「幸せって、何だろう?」自己重要感?自己肯定感と存在的価値観の意義深さ自分も人もジャッジしない無条件の愛和縁、心のつながりを感じる幸せ分かち合う喜び亡義父の四十九日法要からひと月経って、ようやく創作活動を再開する決心がつきました。最近は、叔母からお手玉の作り方を教えてもらい、作ってみました。義母には畳縁のカードケースのアイデアを教えたところ、義母はそれを作って人にプレゼントすることを楽しんでくれているようです。教えたり、教えてもらったり、作ったり、作ってもらったり、発見や喜びのキャッチボールは、幸せを感じさせてくれます。 生と死の挾間で・・・ http://unsai.grupo.jp/blog/2153778 なかなか記事をアップできなかったことを、どうぞお許しください。「心の花びら展in古河」でご一緒した版画作家さんのご縁で、偶然手にした「俊乗上人」の版画にそっくりだった義父が、4月8日の花祭りの日になくなりました。「俊乗上人」は、東大寺の再建のために全国各地を巡り尽力された聖。名前の一字に主人の名が入っていることもあり、強く関心を持っていました。義父が悪くなったり小康状態になったりする中、義父が元気なうちに全国47都道府県を廻りきりたいという思いがこみ上げてきました。小康状態の時を見て、格安航空券や電車を使って、一気に足跡を残してまいりました。様々な制約があり、当初予定した形ではありませんでしたが、心が重なりあった「祈り」の旅でありました。4月2日に奈良にて満願を迎えた後、義父は1週間ほどで天に旅立ちました。奈良では持参した木彫「水仙」の一花と咲玉観音の持つ「蓮花」が本体から離れました。ちょうど時近くして造花を奉納するお祭りがあったことから、奈良の地とのご縁を深く感じ、その花達を義父に捧げました。近鉄奈良駅には、民衆のために多くの事業を行った行基上人像もあり、花が手向けられていました。行基上人も、心の花びら展でお世話になった作家さんからポストカードをいただき知った聖でした。ご縁に感謝し、お参りさせていただきました。全国を巡った作品達は数多くありますが、行脚中に自然に白い曲線模様が入った紫色の浴衣にみなさんの思いを一杯に詰めて奈良を巡りました。また、コラボ展示でお世話になった時代小説作家さんからいただいた「稚児観音」も最後まで一緒でした。無事に「大和(だいわ)の地」奈良まで足を運ばせていただけたのは、参加型アートなども含め、沢山の方々の祈りのお陰と感じています。 2018-05-02T03:59:00+09:00 なかなか記事をアップできなかったことを、どうぞお許しください。「心の花びら展in古河」でご一緒した版画作家さんのご縁で、偶然手にした「俊乗上人」の版画にそっくりだった義父が、4月8日の花祭りの日になくなりました。「俊乗上人」は、東大寺の再建のために全国各地を巡り尽力された聖。名前の一字に主人の名が入っていることもあり、強く関心を持っていました。義父が悪くなったり小康状態になったりする中、義父が元気なうちに全国47都道府県を廻りきりたいという思いがこみ上げてきました。小康状態の時を見て、格安航空券や電車を使って、一気に足跡を残してまいりました。様々な制約があり、当初予定した形ではありませんでしたが、心が重なりあった「祈り」の旅でありました。4月2日に奈良にて満願を迎えた後、義父は1週間ほどで天に旅立ちました。奈良では持参した木彫「水仙」の一花と咲玉観音の持つ「蓮花」が本体から離れました。ちょうど時近くして造花を奉納するお祭りがあったことから、奈良の地とのご縁を深く感じ、その花達を義父に捧げました。近鉄奈良駅には、民衆のために多くの事業を行った行基上人像もあり、花が手向けられていました。行基上人も、心の花びら展でお世話になった作家さんからポストカードをいただき知った聖でした。ご縁に感謝し、お参りさせていただきました。全国を巡った作品達は数多くありますが、行脚中に自然に白い曲線模様が入った紫色の浴衣にみなさんの思いを一杯に詰めて奈良を巡りました。また、コラボ展示でお世話になった時代小説作家さんからいただいた「稚児観音」も最後まで一緒でした。無事に「大和(だいわ)の地」奈良まで足を運ばせていただけたのは、参加型アートなども含め、沢山の方々の祈りのお陰と感じています。 心をつなぐ全国行脚の満願 http://unsai.grupo.jp/blog/2127029 お陰様で、東日本大地震後からスタートした再生アート達と巡る心をつなぐ旅は、佐賀、長崎、福岡を経て、47都道府県目の最後は~”大和”祈りの奈良~。昨日、『心の花びら展+奈良』で、47都道府県行脚の満願を迎えることができました。参加してくださった皆さん、応援してくださった皆さんに心から感謝申し上げます。『心の花びら展+長崎〜広島』は、原爆の地長崎のカトリックセンターに滞在し、ドミトリーの部屋で3羽の鶴を折りました。平和記念公園や26聖人記念館などを巡り、広島の平和公園へも立ち寄りました。夜一羽の鶴に金色に色付けし、大きな鶴と金色の鶴を平和記念公園に寄贈して来ました。平和を祈る消えない炎を心に刻みました。 2018-04-03T15:06:00+09:00 お陰様で、東日本大地震後からスタートした再生アート達と巡る心をつなぐ旅は、佐賀、長崎、福岡を経て、47都道府県目の最後は~”大和”祈りの奈良~。昨日、『心の花びら展+奈良』で、47都道府県行脚の満願を迎えることができました。参加してくださった皆さん、応援してくださった皆さんに心から感謝申し上げます。『心の花びら展+長崎〜広島』は、原爆の地長崎のカトリックセンターに滞在し、ドミトリーの部屋で3羽の鶴を折りました。平和記念公園や26聖人記念館などを巡り、広島の平和公園へも立ち寄りました。夜一羽の鶴に金色に色付けし、大きな鶴と金色の鶴を平和記念公園に寄贈して来ました。平和を祈る消えない炎を心に刻みました。 愛の形・・・ http://unsai.grupo.jp/blog/2091977 心臓の大手術後、リハビリを終えたら、一人暮らしをしたいと言っていた義母。夢を叶えてあげたいけれど、大病の後の一人暮らしは心配。そこで、1日2食は一緒に食事をして、誰か一人は泊まることにしました。しかし、今度は夫が体調を崩し、母は次男の温かなマンションでしばらく生活することになりました。マンションは、温度や段差の問題がなく快適ですが、人の交流が少ないので時々訪問。せっかくなので、義父の好きなヨーロッパの風景のパズルを持ち込み、みんなで作ることにしました。ようやく、フランスのベニスと呼ばれるアヌシーのお洒落な街並みが完成。ダンボールに貼って、アクリル絵具でお化粧し、義父の部屋に飾りました。寝ている時間が増えてきた父のために、母は同じ施設のショートステイを利用し、父に寄り添うことにしました。母に頻回に会えることになった父は、とても幸せそうです^^。<今日の詩>詩『パズル』雲彩作微妙に異なる1000個のピース。ごちゃごちゃの破片の山に、「ふ~」とため息をつく。どこから始めたら良いものか?そうだ、まずは全部のピースの美しい面を表にしよう。綺麗は色彩が、心躍らせてくれる。空色は、上に。花は、緑の中。水の輝きは、特等席へ。同じように見えても違うピースを入れれば歪んでしまう。すっきりかみ合えば千が1つになる。ByUnsai 2018-02-27T23:33:00+09:00 心臓の大手術後、リハビリを終えたら、一人暮らしをしたいと言っていた義母。夢を叶えてあげたいけれど、大病の後の一人暮らしは心配。そこで、1日2食は一緒に食事をして、誰か一人は泊まることにしました。しかし、今度は夫が体調を崩し、母は次男の温かなマンションでしばらく生活することになりました。マンションは、温度や段差の問題がなく快適ですが、人の交流が少ないので時々訪問。せっかくなので、義父の好きなヨーロッパの風景のパズルを持ち込み、みんなで作ることにしました。ようやく、フランスのベニスと呼ばれるアヌシーのお洒落な街並みが完成。ダンボールに貼って、アクリル絵具でお化粧し、義父の部屋に飾りました。寝ている時間が増えてきた父のために、母は同じ施設のショートステイを利用し、父に寄り添うことにしました。母に頻回に会えることになった父は、とても幸せそうです^^。<今日の詩>詩『パズル』雲彩作微妙に異なる1000個のピース。ごちゃごちゃの破片の山に、「ふ~」とため息をつく。どこから始めたら良いものか?そうだ、まずは全部のピースの美しい面を表にしよう。綺麗は色彩が、心躍らせてくれる。空色は、上に。花は、緑の中。水の輝きは、特等席へ。同じように見えても違うピースを入れれば歪んでしまう。すっきりかみ合えば千が1つになる。ByUnsai 手作りたい焼き http://unsai.grupo.jp/blog/2084128 初めて、たい焼き作りにチャレンジしてみました。1度に2匹づつ作れる「たい焼き機」を入手して・・・。義母が心臓の大手術の前に約束していた事。元気になったら、たい焼きとお母さんが作ってくれたシャケの粕煮を作るというものでした。雪の日にシャケの粕煮や赤飯などは届けましたが、今回は、あんこ入りのたい焼き。義父の施設で、義母と一緒に食べました(^^)。まだまだ開発の余地ありの"たい焼き"ですが、面白がってくれたようです。^_^ 2018-02-19T22:53:00+09:00 初めて、たい焼き作りにチャレンジしてみました。1度に2匹づつ作れる「たい焼き機」を入手して・・・。義母が心臓の大手術の前に約束していた事。元気になったら、たい焼きとお母さんが作ってくれたシャケの粕煮を作るというものでした。雪の日にシャケの粕煮や赤飯などは届けましたが、今回は、あんこ入りのたい焼き。義父の施設で、義母と一緒に食べました(^^)。まだまだ開発の余地ありの"たい焼き"ですが、面白がってくれたようです。^_^ 春節の日に・・・ http://unsai.grupo.jp/blog/2081987 2月16日は、旧正月。中国では春節、新しい年のお祝いの日にあたるそうです。再生アート『鑑真』の創作を始めてから、中国や台湾の文化に関心を抱くようになりました。そこで、昨日は、畳のインテリアシートを使って、立春の日に書いた『立春大吉』の書と、義父が介護施設で書いた『もち』の書を飾れるようにしてみました。義父の部屋には、少しづつ好きな写真や置物を増やして、楽しい想いを心に蘇らせてもらえればと思っています(^^)。 2018-02-17T17:45:00+09:00 2月16日は、旧正月。中国では春節、新しい年のお祝いの日にあたるそうです。再生アート『鑑真』の創作を始めてから、中国や台湾の文化に関心を抱くようになりました。そこで、昨日は、畳のインテリアシートを使って、立春の日に書いた『立春大吉』の書と、義父が介護施設で書いた『もち』の書を飾れるようにしてみました。義父の部屋には、少しづつ好きな写真や置物を増やして、楽しい想いを心に蘇らせてもらえればと思っています(^^)。 雪の後に、現れたアートは・・・ http://unsai.grupo.jp/blog/2068665 行田では、昨日は今年2度目の雪になりました。雪がまだ残り、庭に陰陽模様を発見しました。あまりの寒さに、石油ストーブを今年は出して使ってみると、ガラス越しに芸術的な炎の輝きを観ることができました。神秘的な光は心に届き、ストーブの温かさは体の芯まで届きました。 2018-02-03T23:06:00+09:00 行田では、昨日は今年2度目の雪になりました。雪がまだ残り、庭に陰陽模様を発見しました。あまりの寒さに、石油ストーブを今年は出して使ってみると、ガラス越しに芸術的な炎の輝きを観ることができました。神秘的な光は心に届き、ストーブの温かさは体の芯まで届きました。