サイトマップ
  • 記事検索

RSS

雲と、愛する人へのメッセージ

先日、空に様々な形の雲を観ました。
画像
状況を見つつ、様々な表現の形を勉強しようと、食の分野で沢山の人と話した日の帰り道。

雲を観ながら、ふと先月立ち寄った、大宮にある武蔵国の一ノ宮、氷川神社の御祭神 須佐之男命(スサノオノミコト)の詠まれた御和歌を思い出しました。

「八雲たつ 出雲八重垣 つまごみに 八重垣つくる その八重垣を」
という御和歌です。

意味は、「(さかんに雲がわき立つ)出雲の幾重にもめぐらした垣根。妻をこもらせるために八重の垣を作る、その美しい八重垣を」

「八雲立つ」は出雲に掛かる「枕詞(まくらことば)」ですが、(枕詞は通常訳さない)この場合には「雲がたくさん掛かっている」という意味がダイレクトに取れるため訳しても良いそうです。

須佐之男命が新婚のために宮殿を作った時の和歌で「妻を厳重に守るために八重の垣を巡らす」というのが歌の意味だそうです。

幾重にも浮かぶ雲の美しさと、”愛する人を守りたい”という気持ちを重ねた熱い歌だったと知り、感動を覚えました。

ちょうど、氷川神社にお参りした際は、6月の大祓の時期で清々しい気持ちになりました。

また、今年は明治天皇が行幸御親祭して150周年とのこと、境内には明治天皇ご縁の絵などが飾られていました。

画像画像
画像画像

SAITAMA OOMIYA HIKAWA

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):