• 記事検索

RSS

謙信平と喜連川

栃木市の大平山謙信平。上杉謙信が、関東平野を見渡し感動した場所で、再生アート「縁の地蔵」「弁天」「心を結ぶ帯」などを展示しました。
展示に興味を持ってもらった地元の方からは「今の季節は霞がかかちゃっているけど、1月2月は富士山やスカイツリーも見えて綺麗ですよ。」と教えてもらいました。^^
IMG_3788[1]IMG_3787[1]
ちなみに、謙信平の風景も楽しめる栃木市の動画は、こちら。

そして、喜連川は足利氏ゆかりの小さな城下町。現在は、さくら市になっており、桜並木や鮎、喜連川温泉が有名です。
IMG_3791[1]
桜の花が咲かなくなってきたという話を聞いて、亡父が収集した木の切り株で創った再生アート「黄金の樹」を桜の木に重ねてみました。
IMG_3792[1] IMG_3793[1]

IMG_3801[1] IMG_3804[1]
鮎釣りで有名な荒川のほとりで、再生アート「弁天」と桜柄の手作り太鼓を。
IMG_3800[1] IMG_3807[1]
鮎がらみで、岐阜で創作したカワウと鮎も和紙アート「喜びの季節」とともにコラボ。

※ちなみに、お丸山公園の山頂にそびえ立つのは、高さ49.53mのスカイタワーです。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):