サイトマップ
  • 記事検索

RSS

意識の壁(制限)を押し広げる・・・

画像 
『芸術とは、内なる光を素材に転写すること。あるいは、出逢う光に感応して気づきを表現していくこと。』          
『アーティストとは、意識の泉水に小石を投げ入れ、自他の意識にさざ波を起こすもの。』
『自然とは、快く変化を受け入れ、創造(成長)していく姿。』

これらは、私が大切にしている想いです。

人生では、自分や家族などに想定外のことが起こり、思い描いていたスケジュールや活動方法を見直さなければならないことがあります。

動いて、感じて、体験して、立ちどまって、再考して、変革していく。

自分の体調変化や身内の度重なる入退院のお陰で、意識の壁(制限)を押し広げることができました。

・日時を指定しない作品展があってもいい!

・会場を決めないで、心動いた場所で展示してもいい!

・方法は、状況に応じて変えればいい!

・誰も無理しない、その時一番調和がとれる形を創造する。

ということで、「心の花びら展+栃木』は、いつもと違う方法をとっています。

足利からスタートしましたが、家に帰ったり、また行ったりします。
同県でも、作品を変えたりします。

『変化は進化』なのですから。
画像 画像
ちなみに、画像は4月に思いがけず入場させていただいた迎賓館の写真です。
迎賓館(State Guest Houses)は、外国の元首や首相など国の賓客に対して、宿泊その他の接遇を行うために設けられた迎賓施設です。
画像 画像
画像
屋根の上に、鎧像が載っていたのが印象的でした。
(写真をクリックすると拡大できます)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):