サイトマップ
  • 記事検索

RSS

行雲流水

今日は、東松山に行く途中、熊谷にある文殊尊(五台山文殊寺)に立ち寄りました。
画像
境内には、行雲流水の石碑や洗心童子や50年間座禅を指導された先代のご住職の石像がありました。
画像 画像
ちなみに、「行雲流水」とは、「雲のように自由に、流れる水のようにさらさらと自由に生きること」。

病室には、義父が集めた写真やポスターを飾り、ささやかな景色の変化を楽しんでもらっています。
画像 画像

「行雲流水」・・・、そういえば、先日地図の調査員の方が表示の確認にやってきました。

今まで、いくつかの表記がありましたが、今の看板の「自居留の杜」で良いですか?下に書いてある「心の花びら」は?

と、質問されました。

これらは、私の進化の過程です。その時その時、一番良いと思う表記をしています。今は「自居留の杜(もり)」です。響きはずっと「zeal」「ジール」「じいる」「自居留」と継承しています。また、「心の花びら」は、活動を検索しやすいキーワードとして付記しています。

と、答えました。

植物達も成長具合を見ては、何度も植え替え、作品も何度も手直しします。

自分が一番良い(ベスト)と思う表現を、過去や未来に執着せず、今に焦点を合わせ、臨機応変に行っていきたいと思います。

画像

As the clouds float freely,as the waters flow freely,live freely.

Comme les nuages flottent librement, comme les eaux coulent librement, vivre librement.

像云一样地自由,并且,像流水一样地自由

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):