• 記事検索

RSS

鬼手仏心

17862399_1416021068459076_2100638067328837393_n 17800194_1416021105125739_7095919010361400923_n
義父の入院に加え、近くに住む叔母が入院し、義母も再入退院。

一時は3人の病院を行き来する慌ただしい毎日。

家族の疲労も大きくなり、バランスの良い生き方を考える機会が多くなりました。

できるだけ、分担できることは分担し、自分でできることはしてもらったり、我慢してもらったりしなくては・・・。

きちんと家族に向き合うことの重要性を再認識しました。

「鬼手仏心」。

できるだけ本人の力を維持・回復するように見守り、内面を見つめ、家族の大変さも理解してもらえるように。

「大切なのは、今。」「自分に何ができるのか?」

依存しすぎないように、自立心を奪わないように、厳しい面を付けなくてはいけないことがあるのだと痛感しました。

折しも、流木アートの落合實先生の彫刻に仏と鬼が一体となっている仏像があり、年賀状にも「鬼手仏心」の文字があり、仏のお面をいただきました。
IMG_2676[1]

そして、香川県でお世話になったくやらさんには鬼の面があるといいます。

家族がお世話になった病院のリハビリ室にも「鬼手仏心」の文字がありました。

仏と鬼とは、表と裏であり、陰陽表裏一体。

見方を変えれば反転もする。

鬼も仏と感じることのできる見方ができれば、世の中変わっていくのかも知れません。

17799338_1416021151792401_1729780714669708196_n

コメント
name.. :記憶する
e-mail..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):