• 記事検索

RSS

詩「響」 イタリア語訳

体調を崩してから約2か月、たくさんの苦しみや不安・恐れと向き合いましたが、家族や友人・知人の助けもあって、ようやく外出したりパソコンに向かえるようになってきました。

今回の困難な出来事の中で、私の中にも新しい発見がありました。これからは、自分や家族の健康や幸せも守れるよう調和をとりながら、ご縁ある土地で自然を感じ、多くの人達と光(喜び)感じることができる新しい作品展を目指したいと思います。

今日は、友人からブログを楽しみにしているとの温かなメッセージももらって、「心の真珠展」のためにイタリア ミラノのchieさんに翻訳してもらっていた詩「響」を今日はご紹介させていただくことにしました。ご縁ある人達、愛情深い家族や友人・知人たちとの意識の触れ合いに感謝しつつ・・・。

DSCN0870


Il suono



Risuona come una sessione di jazz.

Un'emozione chiusa in fondo al cuore

con un incontro si libera.



Gioia, tristezza, rabbia, speranza…

Risuonano e si mescolano

come lo yin e lo yang.



La strada delle emozioni multicolori

ci conduce verso un mondo più ricco.


「響(ひびき」

ジャズのセッションのように響きあう。

心の底に閉じ込めていた感情が

出逢いを通じて、解き放たれる。



喜び、悲しみ、怒り、希望・・・

互いに、奏(かな)で合い

交錯する陰陽の表出(ひょうしゅつ)。



多彩な感情の遺産は

芳醇(ほうじゅん)な世界へと

誘(いざな)ってくれる。

コメント
name.. :記憶
e-mail..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):